A01:超硫黄分子の分析・計測・可視化

中川 秀彦          名古屋市立大学薬学部・教授

一日の生活イメージ

 

 硫黄カテネーションに基づく超硫黄分子は特異な化学的性質を示します。近年、タンパク質等が超硫黄化修飾され、これが生命現象に深く関与するとわかってきました。試験管内での超硫黄分子の化学反応はこれまでも研究されてきましたが、多様な反応性成分が共存する生体内で超硫黄分子がどう他の成分と相互作用するかは未知の領域です。
 本グループでは超硫黄in-cellケミストリーの確立を目指して、超硫黄化修飾を検出・分析可能な技術開発を行い、超硫黄分子の生体内挙動を追跡して生体分子とのクロストークを探索しています。例えば、ヒト血中アルブミンが超硫黄分子の特性を巧みに操り抗酸化機構に寄与していることや、超硫黄分子が唾液アミラーゼ活性や精液中の精子受精活性に関与することがわかりつつあります。解析手法の開発と応用を通じて、様々な生命現象に対する超硫黄分子の役割を化学的に探究するとともに、医療への貢献を目指しています。

 

研究分担者

異島 優(徳島大学大学院医歯薬学研究部・准教授)
梅澤 啓太郎(東京都健康長寿医療センター研究所・研究員)