A03:超硫黄分子が担うシグナル伝達

三木 裕明           大阪大学微生物病研究所・教授

一日の生活イメージ

 

 タンパク質システイン側鎖の硫黄カテネーションは細胞内で酸化されてチオスルフォン酸としても安定に存在する一方、可逆的に還元除去されることが明らかとなりました。このような超硫黄酸化体は、リン酸化チオールや、主要なタンパク質翻訳後修飾であるリン酸化セリン側鎖と構造が酷似しており、リン酸化シグナルを模倣して分子機能調節を行うことが示唆されます。本課題では、タンパク質のシステイン側鎖に形成される超硫黄酸化体が細胞内で生成・除去される分子機構を明らかにすると共に、超硫黄酸化体がタンパク質の分子機構を可逆的に調節してシグナル伝達等における新たな役割を追究し、その機能的重要性を明らかにします。硫黄の特殊な化学反応特性を活用した新たなタンパク質機能制御機構としての概念を確立し、その生物学的意義を明確に位置付けることを目指します。